ブックメーカーでサッカーやプロ野球など日本のスポーツへ投資

ユニフォーム

プロ野球やサッカーに賭けてみたいと考えたことがある人も多いことでしょうが、プロ野球には賭ける事はできません。

サッカーはサッカーくじtotoがあります。

多少は賭けの要素がありますが、くじと名がつく通り、予想力で当たるというものではないのでゲーム性は低いものとなっています。しかも還元率が悪すぎるので、賭ければ賭けるほど資金が減っていくという負のスパイラルになります。

日本で合法的に賭けることができるスポーツといえば、公営競技以外になく、その他のスポーツに賭けたいと思っている人にとっては物足りない環境です。

スポーツを賭け事や投資として楽しみたいのであれば、ブックメーカーを利用するのが一番手っ取り早く、プロ野球やサッカーに限らず、世界中のありとあらゆるさまざまなスポーツに賭けることができます。

テニスやゴルフに卓球などどのような競技でも賭けの対象になっているので、興味のあるものになんでも賭けることができスリルを味わうことができます。

夏季オリンピックの陸上や水泳、冬季オリンピックのスノボーやスキーも当然賭けの対象です。

ブックメーカーのもうひとつの大きな魅力が賭けの対象が多いだけでなく、還元率も高いので賭けとしても分がいいというところにあります。

選択肢の幅が多いことに加えて還元率が高いので、立ち回り次第では利益を出すことも決して不可能ではなく、ギャンブルを楽しみながらお金を増やすことも夢ではありません。

ブックメーカーでは詳しいスポーツだけに投資する

スポーツ観戦

ブックメーカー投資をするにあたり、まず前提となるのがたくさんの知識を持つスポーツで勝負することです。オッズだけで堅そうなところを狙っても番狂わせが起こることは十分に予想されます。もし知識があればその番狂わせの可能性を予見できるため、まずは予備知識が豊富な競技を選択するのが大前提です。

次にすべきなのは1日利益額をいくらに設定するかです。初心者の方であれば、1000円でも黒字になればそれでやめにするというので構いません。

目標に達したらその場でやめるというクセをつけることで熱くなる心を抑えられて成功につながります。

ブックメーカーではたくさんの試合が毎日行われており、ついつい賭けてしまいます。

目標を達成すればその日の勝負はやめて、翌日の試合の準備を進めることも必要です。特にプロ野球のシーズンが始まれば、毎日のように勝負できるためスケジュールも立てやすくデータも集めやすいため狙い目です。

スポーツは年間スケジュールがはっきりしていて、天候による中止があるだけなので、投資のスケジュール管理ができるのがいいですね。

Bet

ブックメーカーでもやっぱりサッカーとプロ野球が人気

様々なスポーツ

日本で人気の高いプロ野球とサッカーがそのままブックメーカーでも多くのBETを集めています。

サッカーは日本人選手の多くが主力として活躍しているドイツブンデスリーガとイングランド・プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラへ投資するユーザーが多いです。

また日本ですので、Jリーグの人気が高いのも当然でしょう。JリーグはJ1だけしか扱っていないブックメーカーもありますので、J2のクラブへ投資したい方はJ2があるブックメーカーへ登録をするようにしてください。

残念な事にプロ野球はメジャーリーグほど多くのブックメーカーにオッズがあるわけではなく、プロ野球に賭けたいファンは、投資できるブックメーカーの数は限られています。

プロ野球がある場合でも、勝敗予想しかできないブックメーカーと、優勝予想もできるブックメーカーがありますので、シーズン前の優勝予想に投資したい方は、優勝予想のオッズがあるブックメーカーを選択するようにしましょう。

ブックメーカーによって投資できるスポーツやオッズは違いますので、しっかりとチェックしてからアカウントの登録や入出金をするようにしてください。

ブックメーカーのオッズの表記は公営ギャンブルとは違う

賭ける前に知っておくオッズ

日本人の場合、競馬や競輪などの公営ギャンブルをやったことのある人なら、ブックメーカーを使う際にも、同じような見方でオッズを見るかもしれません。しかし、ブックメーカーと公営ギャンブルではオッズの表記方法が異なります。

ブックメーカー投資を真剣に取り組むのであれば、オッズの種類は絶対に覚えましょう。

●バリミチュル方式

主に公営ギャンブルで採用されているオッズの表記方法は、バリミチュル方式というものです。バリミチュル方式においては、オッズの数字が一応公表されているものの、締切まで確定はしていません。あくまで、その時点でのオッズということを意味しています。

バリミチュル方式では、総売上のうち一定割合を運営者の取り分として確保し、残りを当てたユーザーの払戻金に充てるやり方です。そのため、締切後に初めて正確なオッズの数字を計算できる状態になります。

競馬なら馬券を購入時点で表示されているオッズは、あくまで現時点での売上を元にして計算した参考値ということです。そして、実際に予想を当てた場合には、購入時のオッズにかかわらず、締切時の売上を元に計算したオッズが適用されます。

●ブックメーカー方式

ブックメーカー方式においては、あらかじめ運営者の取り分を確保するということは行いません。運営者の予想に基づき、多くのユーザーが食いつきそうなオッズを設定します。オッズはチームや選手の状況により途中で変更されますが、当てたユーザーに対する払戻金は、ベット時点でのオッズを元に計算される仕組みです。

バリミチュル方式とブックメーカー方式では、表示されているオッズの数字が同じでも、その意味は異なります。

バリミチュル方式は、どちらかと言うと運営者が後出しジャンケンをするようなイメージです。ブックメーカー方式は、運営者がユーザーと対等に勝負をするようなイメージと捉えておくといいでしょう。

オッズはブックメーカー投資の中で大切なことなので、しっかりと理解してください。